富士山麓で高級アトランティックサーモンを陸上養殖

ノルウェーの品質、日本の情熱

アトランティック・サーモン

アトランティックサーモンは、その豊かな味わい、豊富なオメガ3含有量、引き締まった食感で、世界中で人気のある食材である。日本では、アトランティック・サーモンは外来種であるにもかかわらず、寿司や刺身など、その万能性から料理用として脚光を浴びている。

日本における新鮮なアトランティック・サーモンは、これまでノルウェーやスコットランドから調達されてきたが、プロキシマー 、現在では富士山麓で一級品の養殖を行っている。卵はアイスランドの有名なストフンフィスカー種から届けられ、その場で孵化させる。

プロキシマー 環境への影響を最小限に抑えながら、年間を通じて新鮮な地元産アトランティック・サーモンを毎日日本市場に届ける計画だ。最初の収穫は2024年第3四半期を予定している。

詳細はこちら

農業施設

プロキシマー は陸上養殖業者であり、富士山の麓で28,000平方メートルの施設を運営している。この施設は、年間5,300トンのアトランティック・サーモンのヘッドオン・ガットの生産能力を有し、継続的な収穫に最適化されている。

この施設では、実績のある循環型水産養殖システム (循環型水産養殖システム) 技術を利用し、水、電気、水処理添加物の使用を制限している。
この施設は過圧状態にあり、厳格なバイオセキュリティ・プロトコルに従うことで、汚染や病気のリスクを最小限に抑えている。その結果、ワクチン接種や投薬の必要がなく、魚たちは高い福祉を享受している。

詳細はこちら

持続可能なフットプリント

アトランティックサーモンは、増加する人口に持続可能で高品質な栄養を供給するために必要な多くの特性を持っており、中でも高い飼料要求率とタンパク質保持率が最も重要です。海外からの空輸を必要としない陸上でのアプローチにより、プロキシマー 、日本市場に環境に配慮した一級品の農産物を提供している。

世界初の魚類養殖会社として、シセロ社のダークグリーン分類を取得。また、日本格付研究所(JCR)からも、当社の持続可能性に関する取り組みが評価され、最高ランクを獲得しています。

詳細はこちら

最新ニュース